どんなタイプがある?裏側矯正の種類を把握しておこう

歯並びのことなら矯正歯科に行こう

人によって歯並びに違いがあります。色々な部分から歯が生えてデコボコになっていたり、出っ歯になっていたり歯並びが悪い人もいるでしょう。歯並びの悪さと言うのは、基本的に遺伝か日頃の習慣やクセが原因となっていることが多いです。歯並びの悪さを放置していると食事などの日常生活に支障をきたす恐れがあるので、改善していくと良いですよ。そこで、杉並区にある矯正歯科に行くと良いでしょう。そこでは、裏側矯正を取り扱っているのでおすすめです。

裏側矯正を実施するメリット

  • 矯正装置が目立たないので他人の視線が気にならない
  • 笑顔になっても大丈夫
  • 虫歯のリスクが減る
  • 子供も裏側矯正をすることが出来る
  • 顔のラインが変わることがある
  • 表側矯正よりも安全性が高い

どんなタイプがある?裏側矯正の種類を把握しておこう

治療室

セルフライゲート

矯正歯科で実施することが出来る裏側矯正ですが、主に「セルフライゲート」と「S.T.b」の種類があります。セルフライゲートは通常の矯正装置とは異なって、針金で結ぶことやゴムで止めることがない開閉式のスライド構造となっています。そのおかげで摩擦が発生せずに歯磨きがしやすいという特徴があるでしょう。また、嬉しいことに痛みも少ない点もあります。矯正装置の違和感を取りたいと思っている方に、おすすめの裏側矯正です。

ウーマン

S.T.b(スモールタイプ)

この種類の裏側矯正は丸い形で非常に小さいという特徴を持っています。丸くて小さい矯正装置なので食べづらさや話づらさなどの問題を解消しているでしょう。こちらも上記のセルフライゲートと同じく、痛みが少ない点を持っていますよ。また、矯正で重要な歯の移動がスピーディーに行えることが出来ます。矯正をしても問題なく日常生活を過ごしたい方は、S.T.bをチェックしてみることです。

自分に適した種類を選ぶこと!

上記で紹介したように裏側矯正には種類があります。不自由なく矯正をするためにも種類の違いを把握して、自分に適したものを選んでいくことが重要なポイントと言えるでしょう。なお、杉並区にある矯正歯科ではこの裏側矯正について詳しく説明してくれるので、まずは話を聞きにいくだけでも良いですよ。

広告募集中